麻浦区の沿革

1944

1944年10月23日
総督府令第350号 西大門区の一部と龍山区の一部を分離し、麻浦区を新設
管轄区域:23の町
阿峴(アヒョン)町、孔徳(コンドク)町、新孔徳(シンコンドク)町、桃花(トファ)町、麻浦(マポ)町、土亭(トジョン)町、龍江(ヨンガン)町、鹽里(ヨムリ)町、大興(テフン)町、新水(シンス)町、舊水(クス)町、玄石(ヒョンソク)町、新井(シンジョン)町、賀中(ハジュン)町、倉前(チャンチョン)町、東橋(トンギョ)町、西橋(ソギョ)町、上水一(サンスイル)町、下水一(ハスイル)町、唐仁(タンイン)町、合井(ハプチョン)町、望遠(マンウォン)町、栗島(ユルド)町



1945

1945年 10月 16日
各区の「区役所」を区庁に、区長を「区庁長」に改称

1955

1955年4月18日(市条例第66号)
これまでの「洞会」を「洞」に、各区庁には行政洞を別に定め、行政業務を担当
麻浦区有阿岘1、2、3、4洞, 孔德1、2、3、4洞, 新孔德1、2洞, 桃花1、2洞, 观澜洞, 大兴洞,盐里洞, 新石洞, 西桥洞等19个行政洞。 麻浦区はアヒョン(阿峴)1,2,3,4洞、コンドク(孔徳)1,2,3,4洞、新コンドク1,2洞、トファ(桃花)1,2洞、クァンラン洞、テフン(大興)洞、ヨムリ(鹽里)洞、シンソク(申石)洞、セギョ(細橋)洞など19の行政洞を置いた。

1964

1964年6月1日(法規第1640号)
西大門区のノゴサン(老姑山)洞とテヒョン(大峴)洞の一部が麻浦区に編入、麻浦区アヒョン洞の一部が西大門区に編入されたが、このとき麻浦区にノゴサン洞が新設された。

1970

1970年5月18日
洞名および管轄区域の変更
麻浦区は、アヒョン1,2,3,4洞をアヒョン1,2,3洞に、孔徳1,2,3,4洞をコンドク(孔徳)1,2洞に、新コンドク1,2洞を新コンドク洞に、クァンラン洞をヨンガン(龍江)洞に、シンソク(申石)洞をシンス(新水)洞に、ソガン(西江)洞をチャンチョン(倉前)洞とサンス(上水)洞に、セギョ(細橋)洞を分離してソギョ(西橋)洞とハプチョン(合井)洞に変更し、全体の行政洞の数を20カ洞から18カ洞に縮小した。

1973

1973年3月12日(大統領令第6548号)
西大門区のソンサン(城山)洞、ヨニ(延禧)洞の一部が麻浦区に編入
麻浦区のトンギョ(東橋)洞、ソギョ洞の一部が西大門区に編入

1975

1975年10月1日
大統領令第7816号(1975年9月23日)により、区の管轄地域が変更
麻浦区トンギョ洞の一部を西大門区に編入
西大門区サンアム(上岩)洞、ソンサン洞の全域とスセク(水色)洞、チュン(中)洞、ナムカジャ(南加佐)洞、ヨニ洞の一部を麻浦区に編入
市条例第979号(1975年9月29日)に洞名称および区域を確定
編入された西大門区のサンアム洞とスセク洞の一部にサンアム洞を新設
編入された西大門区のソンサン洞全域と、ナムカジャ洞・中洞の一部でソンサン洞を新設
編入されたヨニ洞の一部でヨンナム(延南)洞を新設(18から21カ洞へ)


1977

1977年9月1日
市条例第1181号(1977.8.29公布)により、ソンサン(城山)第2洞の増設およびマンウォン(望遠)洞を分離し一部をハプチョン洞で管轄(21から22の洞に)
市条例第1185号(1977.8.29公布)により、トンギョ洞の一部をヨンナム洞に編入

1980

1980年7月1日
条例第1413号(1980年3月31日公布)により、洞事務所の設置(ソギョ洞を分離してトンギョ洞を新設、マンウォン洞をマンウォン1,2洞に増設-22から24の行政洞に拡大)

1985

1985年9月1日
市条例第2016号(1985年8月8日公布)により、ヨンガン洞の一部をヨムリ洞に編入

1989

1989年6月1日
ソウル特別市麻浦区の洞名称および区域画定条例第84号(1989年5月29日公布)により、ハス(下水)洞全域をサンス洞に、マンウォン洞28番地をソギョ洞に、マンウォン洞のうちマンウォン1,2洞を除いた地域をハプチョン洞に、洞名称を変更

2007

2007年1月2日
ソウル特別市麻浦区洞住民センター設置条例第644号(2007年1月12日公布)により、アヒョン2洞とアヒョン3洞を統合してアヒョン2洞に、トファ1洞とトファ2洞を統合してトファ洞に、テフン洞とノゴサン洞を統合してテフン洞に、チャンチョン洞とサンス洞を統合してソガン洞に、それぞれ行政洞の名称を変更(24から20の洞に)
2007年9月1日
行政安全部指針(2007.8.28)に依拠し、洞事務所を洞住民センターへ名称を変更

2008

2008年1月7日
ソウル特別市麻浦区洞住民センター設置条例第691号(2008年1月7日公布)により、アヒョン2洞とコンドク2洞を統合してアヒョン洞に、アヒョン1洞とコンドク1洞と新コンドク洞を統合してコンドク洞に、ソギョ洞とトンギョ洞を統合してソギョ洞に、それぞれ行政洞の名称を変更(20から16の洞に)