弘大

歩きたい通り

弘大歩きたい通りは弘大を代表するスポットで、野外舞台公演場を設置してインディーズバンドの大道芸と若者の躍動的な姿が感じられる通りだ。 弘大前を代表する若者通りの歩きたい通りには、赤い長方形のアーチが美術大学の前であることを示すように建てられており、野外ステージでは、週末の夜になると色とりどりのバスカーでにぎわう。また、木の舞台と野外広場付近には、会社員が多く訪れる居酒屋や焼肉屋が密集しており、誰でも気兼ねなく弘大前に訪れられるようになっている。

  • 場所 :地下鉄弘大入口駅8・9番出口、弘益大学方面に直進すると見えてくる道
 

ホントンコリ(ホントン通り)

弘大正門から左の路地に入ると、まるでギャラリーに入ったかのような錯覚になる大胆で芸術的な壁画が道の両側を飾っている。特に、弘大壁画通りは芸術的な雰囲気をかもし出すだけでなく、周辺には可愛らしいカフェがたくさん立ち並び、静かなデートを楽む人でにぎわっている。

 

タボッキル

弘大周辺は、いつも個性的なファッショニスタの集結地で、それぞれの特色を持ったファッションショップがたくさん立ち並んでいる。コー​​ヒープリンス1号店により有名になったタボッキルは、弘大正門から多少離れた場所に位置している。弘大入口駅4番出口からサヌウリム小劇場に向かってできた道だ。長い道に沿ってそれぞれのテーマを持ったファッションショップが立ち並ぶ様子はカロスキルに似ているが、それとはまた異なった余裕を感じることができる。

  • 場所 :ソウル市麻浦区臥牛山路29キル
 

上水洞カフェ通り

麻浦(マVポ)区 上水(サンス)洞周辺には漢江(ハンガン)を眺めることができるカフェーがところどころ建っていて、こちらをハンガンカペコリ(漢江カフェー通り)と呼ばれる。 西江(ソ#ガン)大橋の前の栗島(パムソム)や川向こうの63ビル、国会議事堂も見られるこちらは夜になったら漢江(ハンガン)の橋も派手な照明で壮観であり、川辺の道路の自動車の明りの行列は黄金色で刺繍したような風景が演出される。麻浦(マォポ)の漢江(ハンガン)の川辺のカフェーは夜景も良いが雨が降る日の風景もすごく美しい。川の上に広がる水煙、栗島(パムソ#ム)を行き交うすべての鳥の羽ばたきを鑑賞してみると時間が経つのも分からない。 カフェーの中で眺める漢江(ハンガン) の川辺の夜景と甘美に流れるジャズ音楽を聞いて恋人たちが情話を交わす姿は想像しただけでも皆の心を搖るがす。愛をささやいて精一杯雰囲気を出してみようとする恋人と夫婦のデートコースで初めての出会いを持ったり、愛を告白しようとする人々がたくさん尋ねる名所でもある。

  • 場所 :ソウル市麻浦区臥牛山路3キル
 

弘大壁画通り

弘大正門から左の路地に入ると、まるでギャラリーに入ったかのような錯覚になる大胆で芸術的な壁画が道の両側を飾っている。特に、弘大壁画通りは芸術的な雰囲気をかもし出すだけでなく、周辺には可愛らしいカフェがたくさん立ち並び、静かなデートを楽む人でにぎわっている。

  • 場所 :ソウル市麻浦区臥牛山路22キル